メニュー

よくあるお悩み - 大阪住宅ローン・任意売却お助け相談室

よくあるお悩み

住宅ローンが払えない

解決策住宅ローンの返済が難しくなった際には、以下のような選択肢があります。
●銀行に支払いのスケジュール調整をお願いする。
●個人再生等で債務整理を行う。
●返済をストップし、競売にかける。
●任意売却・親族間売買を行う。
銀行に相談すれば返済の期間や条件を変更する事が可能ですが、現在の収入や年齢等の審査があります。審査に通ってスケジュールが変更できたとしても、根本的な解決ではなく一時的な延命措置です。さらに、保証会社等の代位弁済の後はスケジュール調整を行う事は全くできなくなります。個人再生は法的な債務整理の方法ですので、厳しい条件があり弁護士費用がかかります。

自宅を手放したくない

解決策 様々な理由によって、自宅を手放したくない場合は「リースバック」や「親子間売買」という方法があります。
リースバックや親子間売買については、こちらを参照ください。

自己破産する予定だが、任意売却をするメリットはありますか

解決策自己破産をすれば自宅は処分されます。その為、任意売却する意味がないように思いますが、そんな事はございません。資産がなくなった状態で自己破産した場合には、「同時廃止」という簡単な手続きとなります。ただ、資産である自宅を所有した状態で自己破産をする場合には、同時廃止とは違う「管財事件」として扱わます。その場合には、裁判所より破産管財人が選任され、資産を処分して行きます。管財事件となった場合には、数十万円の「予納金」が必要になり、さらに自己破産の手続きに時間が長くかかってしまいます。その為、自己破産を行う前に、任意売却を行った方がメリットが多くございます。

自己破産をすると借金は免責になりますか

解決策自己破産をすると借金がなくなるというのは正確には違います。自己破産だけで免責になる訳ではなく、自己破産が認められた後に裁判所から免責許可決定されると「非免責債権を除いた」債権が免責になります。非免責債権とは、固定資産税や住民税な等の税金の事です。自己破産をした場合にも、税金の免責はされませんのでご注意ください。さらに、ギャンブルやご自身の浪費に関する借金も同様に、免責にならない場合がございます。

住宅ローンを滞納するとどうなりますか

解決策住宅ローンの返済を滞納すると、金融機関から督促状・催告書等が送られてきます。そして、3~6か月後に債務者の「債務不履行」となり「期限の利益(期限が決められる事で債務者が受けられる利益)」がなくなります。これによって、住宅ローンを分割返済できる権利もなくなります。
残りのローンは保証会社から金融機関の方へ「代位弁済(第三者が債務者に代わりに返済する事)」されます。保証会社によって弁済されたとしても、借金は免責になりません。次に弁済した保証会社から一括で弁済するように請求されます。これも支払えない場合には、保証会社から申し立てが行われ、「競売手続き」が開始される事になります。さらに、保証会社から申し立てが行われた場合、競売費用は債務者の借金に追加されてしまいます。
よくあるお悩み このまま今の家に住み続けたい方へ
「任意売却」と「自己破産」について 解決事例

対応エリア

大阪府
大阪市内:北区・中央区・天王寺区・浪速区・鶴見区・他市内全域

大阪市外:池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・吹田市・枚方市・東大阪市・八尾市・堺市・岸和田市・泉佐野市・他大阪府下全域

奈良県
奈良市・生駒市・天理市

兵庫県
神戸市内:東灘区・灘区・中央区・兵庫区・他市内全域
尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市

お気軽にお電話ください!

 tel.0120-503-253

電話受付:9:00~20:30(年中無休)

Copyright © 大阪住宅ローン・任意売却お助け相談室 All Rights Reserved. login