メニュー

税金の滞納による任意売却 - 大阪住宅ローン・任意売却お助け相談室

解決事例

解決事例

税金の滞納による任意売却

ご依頼者様は戸建てを購入したご主人の奥様。
もともと住まいの購入は、ご主人のお母様が一人暮らしであったため同居を目的としたものでした。
購入当初は、ご主人は十分な収入がなく、妻であるご依頼者様を名義にして住宅ローンを組まれています。しかし、購入直後にお母様が逝去されてしまいました。
その後、ご主人も他界。ご依頼者様は現在、お姉さまの経営する飲食店に住み込みでアルバイトをして生計を立てていますが、やはり収入は十分とは言えません。
これまではアルバイトでローンの返済などを行ってきましたが、次第に貯金も底をつき始めました。
ご依頼者様には娘さんがおり、これまで娘さんからの援助もあって、なんとか返済ができていたものの、今後就職・結婚などを控えており、「これ以上負担はかけられない」という思いからご相談に来られました。

相談をいただいた時、ご依頼者様にはローン以外にも、固定資産税や市民税の滞納が300万円ほどありました。現在のアルバイト生活と、ご主人の遺族年金ではこれらを支払っていくことはできません。また、ご依頼者様も70歳近い年齢のため、新たに職を探すことも懇談であると判断しました。このため当社では任意売却を提案。
売却にあたってのメリットと、デメリットをお話しし、同意をいただきました。
また、ご相談時に伺った内容からは、日々の生活にもお困りの様子でしたので、生活保護の受給申請を提案。任意売却後の残債務が多額であった場合は、弁護士の紹介をお約束しました。
任意売却は成功しましたが、やはり残債務が残ったため、現在は弁護士による任意整理を行っていらっしゃいます。また無事生活保護も受給されました。

お客様からの声

娘や姉にはなかなか相談できずに困っていました。家が売却できて嬉しく思っています。
これまでずっと胸につかえていたものがひとつおりた気がします。4ヶ月ほどで家に買い手がつき、本当に楽になりました。これまで娘や姉に苦労をか通しでしたので、なんとかこれから関係を改善していけたらと思っております。

一覧に戻る >>

よくあるお悩み このまま今の家に住み続けたい方へ
「任意売却」と「自己破産」について 解決事例

対応エリア

大阪府
大阪市内:北区・中央区・天王寺区・浪速区・鶴見区・他市内全域

大阪市外:池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・吹田市・枚方市・東大阪市・八尾市・堺市・岸和田市・泉佐野市・他大阪府下全域

奈良県
奈良市・生駒市・天理市

兵庫県
神戸市内:東灘区・灘区・中央区・兵庫区・他市内全域
尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市

お気軽にお電話ください!

 tel.0120-503-253

電話受付:9:00~20:30(年中無休)

Copyright © 大阪住宅ローン・任意売却お助け相談室 All Rights Reserved. login