メニュー

共働きの妻の急病で、ローン返済が困難に・・・ - 大阪住宅ローン・任意売却お助け相談室

解決事例

解決事例

共働きの妻の急病で、ローン返済が困難に・・・

住宅ローンの支払いを困難にする大きな原因となる健康問題。
ご本人が気をつけていても急な怪我や病気になってしまうことでローンの支払いが難しくなってしまうことは決して稀なケースではありません。
今回のご依頼者様も、そうした健康問題からくるローン返済困難にお悩みでした。
もともと奥様と二人の共働きで、月50万ほどの収入があったご依頼者様ですが、会社が倒産し、転職した結果給与が低くなってしまいました。
そこに、奥様が急病となり手術を受け、長期間の療養が必要となってしまいました。
それまで、順調にローンの返済を行ってきたご依頼者様ですが、こうした急な事態で税金、医療費、お子様の学費に生活費と出費がかさんだことから、将来的にローンの返済が困難になることを見据えて、事前に当社へご相談されました。

ご相談を受け債務状況を確認。
主債務者はご依頼者様、連帯債務者が奥様、義理のお父様が連帯保証人となっていました。
返済に関しても、年金・銀行などは期限の喪失となっており、ご相談の時点で、既に残された道は競売か任意売却しかないという状態でした。
ご依頼者様は残責務に関してかなりさ心配をされていらっしゃいましたが、当社では任意売却をおすすめし、同意をいただいきました。
しかしながら、この住まいの立地は競合物件が多く、既に需要は飽和状態。
債務者と交渉を行ったものの購入者が見つからず、住まいは競売にかけられることに。さらに、市税の差押なども発生してしまいました。
その後、再度任意売却の手続きを行い、最終的に売却に成功。債権者の差押解除も実現することができました。

お客様からの声

6ヶ月間買い手がつかなかったことに、非常に心配しました。最終的に1年弱という期間がかかりましたが、売却ができて安心しました。
長い間お付き合いいただきました、任意売却お助け相談室様にお礼を申し上げます。
今では妻の体調も回復し、徐々にではありますがパートなどに復帰できています。私もこれまで以上に仕事に励みながら、残債務の返済をおこなっていきたいと思います。

一覧に戻る >>

よくあるお悩み このまま今の家に住み続けたい方へ
「任意売却」と「自己破産」について 解決事例

対応エリア

大阪府
大阪市内:北区・中央区・天王寺区・浪速区・鶴見区・他市内全域

大阪市外:池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・吹田市・枚方市・東大阪市・八尾市・堺市・岸和田市・泉佐野市・他大阪府下全域

奈良県
奈良市・生駒市・天理市

兵庫県
神戸市内:東灘区・灘区・中央区・兵庫区・他市内全域
尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市

お気軽にお電話ください!

 tel.0120-503-253

電話受付:9:00~20:30(年中無休)

Copyright © 大阪住宅ローン・任意売却お助け相談室 All Rights Reserved. login