メニュー

住まいの購入後に失職、ローンの返済が困難に・・・ - 大阪住宅ローン・任意売却お助け相談室

解決事例

解決事例

住まいの購入後に失職、ローンの返済が困難に・・・

今回のご依頼者様は、娘夫婦と戸建を購入後失職してしまい、さらに娘さんが離婚されたことで、ローンの支払いが困難となり、当社へご相談されました。

旦那様が亡くなり、長く賃貸マンションで働きながら一人暮らしをしていたご依頼者様。娘さんは結婚し、ご夫婦でこちらも賃貸マンションに住んでいました。両家で支払う家賃は10万円を超えており「これなら、戸建を買って一緒に住みローンを返済していったほうが安上がりでは?」という思いから、住まいの購入を決定。不動産業者の勧めで、確定申告に修正申告をして、一軒家を購入されました。

しかし、それからしばらくして依頼者様は失職。
仕方なく娘夫婦が生活費と住宅ローンを負担していましたが、今度はこの娘夫婦が離婚し、夫が家を出て行ってしまいました。これによって、ローンの返済および生活費を賄うのは娘さん一人。しだいに返済は難しくなり、ローンの滞納が始まります。また、修正申告に伴い100万近くの市府民税と所得税の納税の通知が来ていましたがこれも支払うことができず滞納。
自宅は市役所・財務省から差押えを受けてしまいました。

今回当社が提案したのは、任意売却後の破産でした。
ご相談を受けた時点で、依頼者様はローンを滞納は4回滞納していました。任意売却を行う方向で債権者と交渉を行い、依頼者様の再就職も難しい為、売却完了後に弁護士の先生をご紹介させて頂き、破産手続きを行いました。

お客様からの声

ローン返済中は本当に、生きた心地がしませんでした。
私の失職によって娘に負担をかけてしまったことに今でも後悔を感じています。
ただ、本当に困り果てたときに相談した任意売却お助け相談室さんが、本当に親身になって対応していただき、救われた気持ちでいっぱいです。
私はその後破産を申し立て、現在は親戚の元で暮らしています。娘も就職をし、新しい道を歩むことができました。私たち母娘だけではどうしようもなかった問題を解決に導いていただき、本当にありがとうございました。

一覧に戻る >>

よくあるお悩み このまま今の家に住み続けたい方へ
「任意売却」と「自己破産」について 解決事例

対応エリア

大阪府
大阪市内:北区・中央区・天王寺区・浪速区・鶴見区・他市内全域

大阪市外:池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・吹田市・枚方市・東大阪市・八尾市・堺市・岸和田市・泉佐野市・他大阪府下全域

奈良県
奈良市・生駒市・天理市

兵庫県
神戸市内:東灘区・灘区・中央区・兵庫区・他市内全域
尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市

お気軽にお電話ください!

 tel.0120-503-253

電話受付:9:00~20:30(年中無休)

Copyright © 大阪住宅ローン・任意売却お助け相談室 All Rights Reserved. login