メニュー

元夫がローンを滞納するマンションを、連帯保証人の元奥様主導で任意売却 - 大阪住宅ローン・任意売却お助け相談室

解決事例

解決事例

元夫がローンを滞納するマンションを、連帯保証人の元奥様主導で任意売却

今回のご依頼者様は13年ほど前に離婚されており、離婚時に夫がもともと住んでいたマンションに続けて住むという事を条件としていました。ところが、最近になってご依頼者様の元に、元夫の住むマンションの支払いが遅れているとの連絡が入るように。実はご依頼者様はそのマンションの連帯保証になっており、夫のローン支払いの遅延によってご依頼者様に支払いの責任が発生してしまう事になりました。
ご依頼者様は、すでに再婚し新しい生活を始めていますので、元夫のマンションの支払いをしていくことはできない、とお困りでした。さらに、お話をさらに詳しく伺ったところ、元夫はまだこのマンションに住んではいますが、住宅ローンに付随してマンションの管理費や修繕積立金なども支払っていないという事でした。
しかも、どうやらマンションのローン以外にも多くの負債を抱えているようです。こうした場合、住宅ローンをこのまま継続して滞納すると、マンションは競売にかけられることになります。そこで、私たちはこのマンションの任意売却を提案、相談者様には快諾いただいたものの、問題は元夫です。当社から、この方に連絡し、現在の生活を続けていれば、マンションに住み続けられなくなるとの事、またこのまま支払いや売却の意思を伝えず滞納を続けていれば、債権者からの印象は悪くなり、後々の任意売却にも悪影響が出ることを懇々と説得。
その結果どうにか任意売却に応じてもらうことに成功しました。これによって、マンションが競売にかけられ、安い価格で売却されることはなくなりました。
売却費用から、滞納していたマンションの管理費や修繕積立金が支払われることが可能でしたが、これらの遅延によって発生した損害金はそれが認められませんでした。
結局これらの費用は話し合いの末、元夫が返済をしていくことになりました。

お客様からの声

マンションの連帯保証人となっていることは懸念していましたが、早期の離婚を優先してしまったこと、元夫が払い続けられるだろうと軽く考えていたのが悪かったのだと思います。
ローン会社から、連帯保証人となっている限り、元夫の住宅ローンの返済に関する責任は残っているのだと言われ、自分の判断が軽率だったと思い知りました。
しかし、今回任意売却を行っていただいたことで、借金などを抱えることなく問題を解決することができました。本当に感謝しています。

一覧に戻る >>

よくあるお悩み このまま今の家に住み続けたい方へ
「任意売却」と「自己破産」について 解決事例

対応エリア

大阪府
大阪市内:北区・中央区・天王寺区・浪速区・鶴見区・他市内全域

大阪市外:池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・吹田市・枚方市・東大阪市・八尾市・堺市・岸和田市・泉佐野市・他大阪府下全域

奈良県
奈良市・生駒市・天理市

兵庫県
神戸市内:東灘区・灘区・中央区・兵庫区・他市内全域
尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市

お気軽にお電話ください!

 tel.0120-503-253

電話受付:9:00~20:30(年中無休)

Copyright © 大阪住宅ローン・任意売却お助け相談室 All Rights Reserved. login